子供の歯磨きのポイント - パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防

パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防 > 子供の歯磨きのポイント

子供の歯磨きのポイント

子供の歯磨きは、見ていると「歯ブラシをくわえているだけ」「同じ場所しか磨けていない」という事が多いです。
これは小さい頃は仕方がありません。
自分で磨けないから、親がやった方が早いからと、子供に自分で歯磨きをさせないのは良くありません。
子供は成長していき、いつかは自分で綺麗に磨けるようにならないといけないのです。
その過程と思って、子供の頑張っている歯磨きは長い目で見てあげましょう。

そこで大切になってくるのが、子供が自分で磨いた後に大人が仕上げ磨きをしてあげる事です。
仕上げ磨きにもポイントがあります。
そのポイントをおさえないと「仕上げ磨きをしているのに磨き残しが出て虫歯になってしまった」という事態になります。

まずは歯ブラシ選びです。
子供の使っている歯ブラシと、仕上げ磨き用の歯ブラシはわけていますか?
子供用歯ブラシは、ブラシのヘッド部分が大きく、ブラシもやや固めであったり、持ち手が短い物が多いです。
また、子供が力まかせに磨くので、ブラシの毛が広がってしまっていたりもします。
しかし、それでは大人が仕上げ磨きの歯ブラシとして使うのには適していません。
ブラシのヘッドが小さめで、ブラシの毛は普通?柔らかめ、持ち手が長めというのが良いでしょう。
大人が扱いやすいのは勿論ですが、子供も「歯ブラシが痛い」「オエっとなる」という不快感を減らす事ができます。
歯ブラシは、ブラシの毛が広がってきたり、色が変わってきたり、見た目には変化が無くても衛生面を考えると1ヶ月ごとに交換したいところです。

もう1つのポイントは、虫歯になりやすい場所を把握して意識して磨くという事です。
子供が虫歯になりやすい部分としては、上の前歯のつけ根、歯と歯の間、奥歯のみぞの3ヵ所です。
上の前歯のつけ根は、歯ブラシを横にして毛先を軽く歯肉に当てるようにして、軽く細かく動かします。
歯と歯の間は、隙間があるようなら、ブラシの毛先を使い角度を変えながら磨きます。
奥歯のみぞは、歯ブラシの先端の毛先を使って、1本1本みぞを狙って念入りに磨きます。

歯ブラシを平たく使って、2~3本の歯を大きな動きで磨いていないですか?
気合をいれて、ゴシゴシ磨いて子供に「痛い」と言われていませんか?
それでは細かい所にブラシは届きませんし、子供も仕上げ磨きを嫌がってしまうかもしれません。
子供の仕上げ磨きを習慣化させる為には、まず大人が仕上げ磨きの正しい方法を知る必要があります。

子供の歯磨きは歯ブラシだけではなく、デンタルフロス、歯垢染め出し剤などのデンタルケア用品も取り入れて、楽しく虫歯0を目指しましょう。