ブリアン歯磨き粉の成分は? - パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防

パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防 > ブリアン歯磨き粉の成分は?

ブリアン歯磨き粉の成分は?

薬局で手軽に購入できる子供用歯磨き粉と、ブリアン歯磨き粉の成分は全く異なります。

通常の子供用歯磨き粉は、炭酸カルシウム、グリセリン、トレハロース、ナトリウム、ハイドロキシアパタイト、グリチルリチン酸、ラウリル硫酸ナトリウム、塩酸アルキルジアミノエチルグリシンなどの成分でできています。
これだけ見たら化学薬品の羅列で少しこわいですね。
これらの役割は、歯の表面を磨く為の研磨剤、歯磨き粉をなめらかにする湿潤剤、歯磨き粉を長期保存する為の保存剤、子供が使いやすいように甘味剤、フッ素などの薬用成分などになります。
もちろん、各企業で良く検査し販売されている物なので、特別に怖がる成分や使用量ではありません。
しかし、発達途中の子供の体、あまり合成化合物は取り入れたくないというお父さんお母さんも少なくありません。

ブリアン歯磨き粉は、デキストリン、フルクトオリゴ糖、エリスリトール、乳酸菌、香料と歯磨き粉として必要な成分だけを使用しています。
・デキストリン・・・糖分分解酵素で虫歯菌の餌となる糖分を分解する事で、虫歯菌の活動を弱める
・フルクトオリゴ糖・・・甘味、カルシウムの吸収
・エリスリトール・・・歯垢の分解成分
・乳酸菌・・・善玉菌で、乳酸が虫歯菌の活動を低下させる。歯周病にも効果がある。ただし、歯科専用に開発された乳酸菌や無糖の物。
・香料・・・子供の好む香り

そして、1番の特徴はBLIS M18 という成分です。
これは、ニュージーランドの学会でも発表された乳酸菌の一種です。
普通の歯磨き粉には無い「虫歯菌を除去」する効果があります。
通常、獲得してしまった虫歯菌を減らすことは難しいと言われているので、虫歯を予防するのには大変有効な成分となります。