虫歯菌はどこからくる? - パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防

パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防 > 虫歯菌はどこからくる?

虫歯菌はどこからくる?

同じ物を同じ時間食べ、同じ歯磨きの回数でも、虫歯になりやすい子供と虫歯になりにくい子供がいます。
一体何が違うのでしょう。
それは、口の中の虫歯菌の数です。
虫歯菌が多ければ虫歯リスクは高まり、少なければ虫歯リスクは低くなります。
この虫歯菌は、ストレプトコッカスミュータンスという長い名前があり、通常は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在していません。
大人と一緒に生活をするようになり、大人の口の中にいた虫歯菌が子供の口の中に入り、この虫歯菌の数が増えていきます。

虫歯菌が入り込みやすい行動として
・子供とキスをする。
・大人が使った箸やスプーンなどで子供に食事を与えたり、取り分けたりする。
・同じコップやペットボトルで口をつける。
・大人が口で噛み切ったり、噛み砕いた食べ物を与える。
などです。

最近では乳幼児や幼児用の食べ物や飲み物、オヤツも増えたので、口の中で噛み砕いた物を与える人は少なくなりましたが、大人の箸を使ったりペットボトル飲料を共有するなど、ちょっとした事が子供の口の中の虫歯菌の数を増やしてしまう事に繋がるのです。
虫歯菌が1度口の中に入ってしまうと、その数を減らすのは難しいと言われています。
その為、対策としてはいかに大人から子供へ虫歯菌をうつさないようにするかが大切です。
また虫歯菌を獲得しても、歯磨きで磨き残しを無くし、虫歯菌の栄養となる歯垢を溜めないかがポイントになってくるのです。

同じ生活をしていて虫歯になりやすいなりにくい差が出てくるもう1つのは呼吸の方法です。
呼吸には、鼻呼吸と口呼吸があります。
鼻がつまっていなければ、口を閉じて鼻から呼吸をします。
所が、鼻がつまっていたり、自然と口を開けている癖がついていると、口呼吸になり口の中が乾燥した状態になります。
この乾燥した状態は唾液の流れが悪くなり、口の中の自然な浄化が行われずに歯垢と虫歯菌が結びつきやすくなるのです。

生涯の虫歯菌の数は3歳頃に決まると言われているので、それまでは子供の虫歯菌を増やさないように気をつけましょう。