子供の虫歯予防 - パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

「子供の歯を虫歯にしたくない」と考えるのは、お父さんお母さん共通の想いではないでしょうか。
虫歯の予防方法として、もっとも一般的でより有効とされているのが歯磨きです。
虫歯は、虫歯菌が食べカス(歯垢)を栄養にして活発に働き、口の中が酸性に傾く事で起こります。
虫歯菌の栄養となる歯垢を家庭で毎食後に歯磨きをする事によって、虫歯の予防になるのです。

しかし、まだ乳歯がはえたての赤ちゃんに歯ブラシは難しいでしょう。
その場合は、湿らせたガーゼで歯の表面の汚れを拭い取ってあげると良いです。
また、歯ブラシによる本格的な歯磨きは1歳前位からになりますが、ある日突然歯ブラシを口に入れられると嫌がる場合があるので、乳歯がはえ始める6ヶ月頃から、ゴム状の歯ブラシ型の歯固めで慣らしておく方法もあります。
歯磨きでいかに100%もしくは100%に近く歯垢を取り除けるかが大切です。

また、虫歯のになりにくくするための食生活も考えてみましょう。
虫歯になりやすい食生活とは、
・だらだらと時間をかけて飲食をする。
・哺乳瓶でジュースを飲む。
・甘いオヤツ。
・オヤツの時間が決まっていない。
などがあげられます。

与えるオヤツは、手作りの物が好ましいですが、市販品でもおせんべいやポテトチップス、果物 など、砂糖の含有量が少ない物が良いでしょう。
逆に、チョコレート、ケーキ、クッキーなどの砂糖が多く使われている物や、あめやガム、チューイングキャンディー、キャラメルなどのくっつきやすく、長時間口の中に入れる物は虫歯になりやすいオヤツです。
オヤツの与え方のポイントとして、時間を決め、砂糖が少ない物を選ぶ事が大切です。