子供の虫歯治療 - パパ・ママが知っておくべき子供の虫歯予防

子供の虫歯治療

大人も子供も苦労する口の中の健康。
「こんなに気をつけていたのに虫歯になってしまった」という方も多いのではないでしょうか。
特に子供の虫歯治療は、嫌がったり、泣いたり、暴れたりでスムーズに治療が行えなかったりするので、大変な思いをします。

子供の虫歯治療は、大人と違う点がいくつもあります。
まず、歯科医院への来院時に大きな虫歯になってしまっている事が多いです。
その理由として、
・子供が歯医者を嫌がるので、なかなか行けずに虫歯が進行してしまった。
・乳歯でまた永久歯に抜けかわるので、あまり気にしていなかった。
・虫歯予防や検診で歯医者へ行ったら、目に見えない部分で進行している虫歯が見つかった。
・小さな虫歯の治療で来たつもりが、中の方で虫歯が進行していた。
などがあります。

子供の口の中は唾液が多く分泌されているので、治療する歯を唾液で濡らさずに防湿するのに時間がかかったり、1回の治療時間が短くなる事もあります。
そして、乳歯に治療した詰め物がはずれやすい事もあります。
乳歯そのものが小さいので詰め物の接着面も小さくなる為や、唾液が多い事で接着時に完全乾燥の状態で接着ができなかった為、他、子供がガムなどのくっつきやすいオヤツを好んで食べる為であったりします。

ただでさえ嫌がる子供の歯医者通い。
うがいがまだ上手にできない、歯磨き粉の泡を嫌がる、そんなに悩みをお持ちのお父さんお母さんに最近口コミで話題になっているのが、ブリアンという歯磨き粉です。
このブリアンは他の歯磨き粉と違い、泡がたたずうがいも不要なので、乳歯がはえてきたばかりのお子さんにも使う事ができます。
通信販売で定期購入もできるので、毎回歯磨き粉を買いに行く手間もいりません。